中3生のみなさんへ
さぁ受験生!だけど・・・
 さくらゼミナールでは第一志望校合格のため、わかりやすい授業、補習、別日呼び出し特訓などとことん指導をしていきます。塾ではがんばれるけど「家で何をしていいのかわからない」と思っているお子様も多いのではないでしょうか?

 当塾では、学校教材(マイペース・整理と対策等)を使い家庭での学習の仕方をトレーニングします。さらに講師によるノートチェックで学習法の定着を図ります。ノートの提出状況はご家庭に送付され、提出が悪い場合には即、三者面談です。3年生はたとえガリ勉と言われようが、必死に勉強しなくてはなりません。

 「3年から変わろう」と思っている君、「何がなんでも志望校に合格しよう」と思っている君。そんな君たちを講師一同が気合を入れて指導します。口先だけではない徹底指導であなたの不安を自信に変えます。
入試対策・作文指導 「書けない」から「書ける・書きたい」へ
「書けない」から「書ける・書きたい」へ ここ数年、公立高校入試の国語の問題に作文が(50点満点中6点分)出題されています。さらに最近の公立高校入試では、従来の作文プラスもう1問作文形式で出題されました。また、高校へ進学してからも大学入試で小論文を取り入れているところもあり、その必要性は高まってきています。ところが、今の生徒さんは普段から作文を書くことに慣れていないのが実状です。

 さくらゼミナールでは「書かないから書けない・書けるようにならない」といった状況を打破するため、中学3年生の9月から入試までの間「日本作文指導協会」へ依頼し、専門家による作文添削指導を行っています。作文は国語力を伸ばすだけではなく、実は全ての教科での思考力の基礎となるものです。この機会に生徒さんの未来を変える可能性を持つ「作文力」を付けてください。